歴史

光線療法の父と呼ばれるニールス・フィンゼン博士がカーボンアーク灯を考案。尋常性狼瘡(皮膚結核)の治療に貢献し、1903年にノーベル医学生理学賞を受賞。他にも、ドイツで尋常性乾癬(難治性皮膚病)に活用や、アメリカ・バーモンド大学で新生児黄疸症の治療に用いられるなど、皮膚病やビタミンDに係わる疾患に用いられてきました。近年では、うつ病治療に有用であることが確認されています。(光線研究所サイトより)
日本では、東京・新宿にある財団法人光線研究所が、いち早く光線治療を開始する(1927年千葉にて開始)。

光の作用

光線研究所から発行された書籍「別冊 可視総合光線療法 理論と治験」によると、光線療法には次の作用があると記されています。

光化学作用、深部温熱、生体リズム調整、鎮痛、免疫調節、消炎(腫脹吸収)、肉芽発生、殺菌、睡眠、食欲・便通、解毒、コレステロール低下、消痒、利尿、筋力・運動能向上、呼吸機能改善、神経機能改善


詳しくは、光線研究所サイト内の「光線療法の多彩な作用」に詳しく掲載されています。ご参照ください。

料金

  • 光セラピー 4,200円(税込4,620) 体質改善を主な目的とします
  • 整体+光セラピー 5,200円(税込5,720) 体質を見直しながら手技を行います